ネットで話題 PR

となりのナースエイドのシムネスって何?どんな病気で症状は?

となりのナースエイド シムネスって何?どんな病気?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「となりのナースエイド」第2話の最後のセリフにあった「シムネスかシムレスか?よく聞こえなかったけど何?」と気になっている人が多く、話題になっています。

聞きなれない「シムネス」とは何なのか?リサーチしてみました!

後のストーリー展開を楽しみたい方は、ネタバレの可能性になり得ますのでご注意ください!

『スポンサーリンク』

となりのナースエイドのシムネスって何?

「となりのナースエイド」第2話を見た人たちは「シムネス」って何?なのか気になっているようです。


『スポンサーリンク』

シムネスはどんな病気?

となりのナースエイドに出てきた「シムネス」という聞きなれない病気はどんな病気なのでしょうか?

シムネスは架空の病気

「シムネス」とは、となりのナースエイドの作品中での架空の病気で、実際には存在しない病名のようです。

どんな症状?

シムネスとは?

「全身性多発性悪性新生物症候群」という全身にガンが多発する病気

という設定のようです。

5年後の生存率が0%という、不治の病として登場しています。

しかし、原作の小説でも詳しくは触れられてはいないようで、謎につつまれているようでした。

『スポンサーリンク』